最近人気の記事

2014年11月29日土曜日

戦略学における地域分析の基礎


軍事学の研究に地図を判読する能力が絶対に欠かせないことは、繰り返し述べてきたことですが、その能力は戦略学の研究でも同じように重要なことです。
しかし、地域の戦略的な特質を分析する方法を述べた文献はそれほど多くは見られません。

今回は戦略学の観点から地域分析の着眼を紹介したいと思います。

戦略とは一般に政治的目的を達成するために軍事的手段を適用する方法を意味していますが、それは位置、面積、形状、地形、植生、水系、気象などの地理的要因から絶えず影響を受けることになります。

戦略的な地域分析で最も重要なのは敵国の国土を概観した上で、政治的、軍事的、もしくは文化的価値が集中する中核地域(Core Area)を適切に評価することにあります(Colins 1998: 341)。

中核地域は戦術学で言うところの緊要地形(Critical Terrain)に対応する用語であり、一般にその国家の政治、経済システムが存続する上で欠かすことができない首都圏や他の主要都市から構成されています。中核地域はその国家に一つだけというわけではありません。

中核地域を判断することができれば、この中核地域を防衛するために利用することが可能な基地(Base)を判断することができます。
軍隊はそれ自体で戦闘能力を持つのではなく、基地と連絡することではじめて作戦行動が可能となります。
したがって、基地の相対的な位置関係というものは、自然とその国家に対する脅威の方向に集中することになります。

こうした基地の配置を分析すると、その国家がどの方向を警戒しているかを判断することが可能となります。
この方向のことを戦略学では戦略正面または単に正面と呼びます。戦略正面はその国家にとって軍事的能力を発揮することが最も容易であり、また防衛計画において特に注意されている地域です。

戦略正面については少しイメージしにくいと思いますので、具体的事例として次のような地図を用いた分析を行ってみましょう。
ヨーロッパ大陸の中心部に位置するチロル山脈(Tyrol)の地図。
東西に走るチロル山脈の西端にフランスの基地(French Bases)がある。
それと平行するように東端にはオーストリアの基地(Austrarian Bases)が見られる。
(Hamley 1878: 227)より引用。
この地図が表しているのは敵対関係にあるフランスとオーストリアの戦略正面の中央にチロル山脈と中立国であるスイスが位置しているという状況です。

チロル山脈の東側にはオーストリアの基地群があり、西側にはフランスの基地群が位置しており両者は同一の方向に戦略正面を指向しています。
地図上でフランス、オーストリアの戦略正面の範囲をそれぞれ問われた場合には、「フランスの戦略正面はオーストリアに対して東部に指向しており、オーストリアの戦略正面はフランスに対して西部に指向する」という答えになります。

さらにこの状況で指摘するべきポイントとしては、フランスとオーストリアの双方の戦略正面がチロル山脈とスイスの存在によって南北に分断されていることが重要な意味を持っています。

チロル山脈が東西に走っているため、フランスとオーストリアの戦域は南北に分割されており、作戦を指導する上でも別々の作戦線(つまり前線の部隊と後方の基地を結ぶ交通路)が必要になってきます。

さらに、イタリア方面とドイツ方面の移動がチロル山脈によって妨げられているため、一度どちらかの方面で前線に部隊を投入すると、それを別の方面に再配置するためには時間が必要となると考えられます。

戦略正面を意識することは戦略学を研究する上で最初の一歩となります。
というのも、戦略の基本原則とは勢力の集中であるため、この原則を順守するためには全ての方向に対して軍事的資源を分散させることができないためです。

だからこそ、国家の中核地域にとって最も重要な戦略正面を適切に判断することが戦略家にとって重要な責任となってくるのです。

KT

参考文献
Collins, J. M. 1998. Military Geography for Professional and the Public, Washington, DC: National Defense University Press.
Hamley, E. B. 1878. The Operations of War Explained and Illustrated, Oxford: Oxford University Press.