最近人気の記事

2016年5月8日日曜日

論文紹介 19世紀のイギリス陸軍と築城学の発達

築城(fortification)とは、味方の防護性を向上させ、より高度な戦闘力を発揮するため、土地に対して施す工事またはその工事によって設置される各種構築物のことを言います。
21世紀の戦場で築城の形態は大きく変わりましたが、その基本的な技術は今でも広く研究、訓練されており、その有用性を失っていません。
築城には長い歴史がありますが、19世紀の発達は近代的な築城学の成立にとって特に重要な時期でした。この時期には戦場で使用される火力の水準が急速に増大していったためです。

今回は、19世紀のイギリス陸軍で築城学の研究がどのように進められていたのかを教範類に基づいて調査した研究を紹介したいと思います。

論文紹介
John Goodwin. 2008. "Selected 19th Century Manuals on Fortification for British Military Engineers," Fort, Vol. 36, pp. 22-35.

19世紀イギリス陸軍における築城学の躍進
チャールズ・パスリー(1780-1861)
イギリス陸軍における工兵教育の改革に尽力した。
ロンドン東部にはウーリッジという地区がありますが、ここでは1741年に王立陸軍士官学校が設置されて以来、士官候補生のための軍事教育が行われてきました。
開校当初から王立陸軍士官学校の教官は築城学の研究に熱心に取り組んでいました。そのため研究者には軍歴のない文民も多く含まれており、また国籍にも関係なく人材が集められていたため、1766年まで40年にわたってドイツ人の数学者が校長を務めた時期さえありました(Goodwin 2008: 22)。

こうした研究努力にもかかわらず、ナポレオン戦争で経験を積んだイギリス陸軍の若い工兵士官は自らの築城研究に欠点があることを思い知らされることになりました。フランス陸軍の砲兵射撃がイギリス人が想像する以上の威力を持って防御陣地を破壊していく様子を目の当たりにしたのです。
当時、陸軍大尉だったパスリー(Charles Pasley)は王立陸軍士官学校で行われている築城訓練がすでに現場で役立つ内容になっていないことを指摘し、その改革を求めましたが、それが教育内容の見直しに繋がるには至りませんでした(Ibid. 23)。

しかし、パスリーはその後も自説を主張し続けたことによって、その見解はウェリントン公爵(Duke of Wellington)の耳に入りました。ウェリントン公爵は1812年のバダホス攻囲戦を指揮した際にイギリス陸軍の工兵の能力に欠陥があるという認識を持っていたことから、パスリーの主張を擁護する立場に立ちました。
このウェリントン公爵の後ろ盾を得たパスリーは、イギリス陸軍における築城学をより先進的なものにするための研究に取り組むようになります。

築城学に関する教範類の整備
イングランドの沿岸防衛で重要なスピットヘッドに建設するために構想された要塞施設の案。
1868年の教範に盛り込まれたものの、実現には至っていない。
(Ibid.: 25)より引用。
それ以前にも工兵の訓練で業績を持っていたパスリーは、ウェリントン公爵の支援を受けてイングランドのケント州チャタムに新設された王立陸軍工兵学校(Royal School of Military Engineering)の教官に補されました(Ibid.: 24)。

パスリーが教育において特に重視していたのは体系的な知識の習得であり、現場で野戦陣地を構築する実際的な技術を基礎付けるための数学や地形学など科学教育の重要性を何よりも強調していました(Ibid.)。近代的な築城を発展させるためには、従来のような現場の経験だけに頼る方法では限界があることをパスリーは自らの戦闘経験からよく理解していました。
また基礎科学の習得だけでなく、パスリーは近代的な築城学の原理原則を教育することにも尽力し、授業では築城学の古典とされたヴォーバンの研究の内容も取り上げられました(Ibid.)。
パスリーによる改革の成果は、優秀な工兵士官が執筆する築城学の文献の数を増加させることに寄与しました(Ibid.)。その成果はイギリス陸軍における工兵関係の教範類の整備を後押ししたのです。

1811年、政府の調査委員会はイギリス陸軍に工兵士官のための教範類が整備されていないことを問題視する報告を出しました(Ibid.)。この報告から間もなくイギリス陸軍は要塞から砲台に至るまで幅広い築城工事に対応した教範『陸軍工兵野外教令(Royal Engineer Code of Regulations)』を策定するに至り、ここから研究は急速に進むようになりました。1857年に教範の長さは1,000ページを突破し、1863年に教範の長さは6巻になり、スピットヘッドの防御施設やロンドンの防衛線の構築方法に関する試案も盛り込まれ、1868年の教範の分量は12巻となり、鉄製の海上要塞の構築方法に関して記述されました(Ibid.: 25)。
また、教範だけでなく、専門誌も数多く出されるようになったことで、イギリス陸軍における工兵の知識水準は短期間の内で大幅に向上したことも指摘されています(Ibid.)。

近代築城学の普及とその歴史的影響
陸軍大尉ロイド(E. M. Lloyd)が1872年に王立陸軍士官学校の教官に補されると、彼は『築城及び軍事工学教程(Text Book of Fortification and Military Engineering)』を士官教育の目的で著し、これがイギリス陸軍における標準的な築城学の教科書として広く読まれました。

この教範はパスリーの教育改革の影響を強く受けており、第1巻では数学、特に幾何学の内容が盛り込まれており、当時最先端とされた永久築城、つまり要塞の建設に欠かすことができない知識であることが説明されていました(Ibid.: 28)。
また第2巻では、防御陣地を攻撃する方法、つまり攻囲作業に関する知識が取り扱われており、沿岸砲台の管理方法についても言及がなされていました(Ibid.)。この教範は1878年、1893年に新たな版が出されており、そこでも王立陸軍工兵学校の文献が多く参照されていました(Ibid.)。

1811年の時点で一冊も教範が整備されていなかった状況と比較すれば、ロイドの教範が出版されたことは著しい進歩と言えましたが、同時にロイドはその著作で武器と戦術の変化を受けてさらに修正が加えられる必要があるとも認識しており、さらに専門的な調査研究を進めることについても著作で述べていました(Ibid.: 32)。
1889年、イギリス陸軍では118kmの正面を持つ要塞の構築実験が実施されていますが、その目的はイングランド南部に着上陸した敵を阻止できる要塞化された防衛線を研究することにあり、ギルフォードからノースウィールドまでのノースダウンズに沿って構築されました。

この実験の成果の内容は極めて軍事的価値が高く、また内容も専門的であったため、教範に取り入れられることはなく、この研究成果に関する文書は1903年に軍事上の理由から秘密指定を受けています(Ibid.)。
ロンドンの南東部に位置するNorth Downsは広大な丘陵地帯である。
イギリス陸軍はここを本土決戦における防衛線と見なされていたことから、ここに長大な防衛線の建設を研究していた。
要約と考察
今回紹介した論文の特徴は、築城学の研究という視点からイギリス陸軍の歴史を検討することにより、第一次世界大戦の塹壕戦にも応用可能な知識が蓄積されていたこと、また要塞化された防衛線の戦略的価値について少なくとも工兵士官は相当の知見を持っていたことを解明したことです。

この研究をより広い視点で捉え直すならば、これは18世紀にナポレオンが示した積極的な戦略機動の実行可能性が、19世紀の築城技術の研究によって次第に低下していく様子を記述したものとも言えるかもしれません。
築城学の将来性を予見し、ナポレオン戦争の最中から工兵教育の改革を強く主張したパスリーの功績はもちろんですが、ウェリントン公爵のような政治力のある軍人が彼を支援しなければ、イギリス陸軍がこれほど短期間の内に研究を推進することは難しかったでしょう。
この論文は築城というテーマを通じて、将来性を見通した研究開発を進めることが、軍隊の能力を向上させるためにどれほど重要であるかを明らかにしていると思います。

KT

0 件のコメント:

コメントを投稿