最近人気の記事

2017年11月17日金曜日

学説紹介 バルバロッサ作戦の敗因―リデル・ハートはこう考える―

1941年6月のバルバロッサ作戦は、ドイツがソ連を征服する壮大な試みでしたが、ドイツ軍のモスクワ占領は失敗しました。その敗因については、今でも多くの人々が議論しています。

最もよく指摘される敗因は、戦線の中央を進んでいたドイツ軍の中央軍集団の機甲部隊に対して、ヒトラーが7月に南方への転進を命令したことでしょう。
これはモスクワ到達までの時間を浪費するものであり、しかもこの部隊は南方での戦闘に参加できず、無駄な移動に終わったためです。

イギリスの学者リデル・ハートが検討したのは、ヒトラーがそのような間違いを犯した理由です。今回は、この敗因に対するリデル・ハートの考察を紹介したいと思います。

最初から攻撃目標をめぐる意見対立が生じていた

ブラウヒッチュ(左)とヒトラー(右)、1939年のワルシャワにて
まずリデル・ハートが着目しているのは、作戦が始まる前の段階でドイツ首脳部内部、特にヒトラーと陸軍総司令官ブラウヒッチュとの間で、攻撃目標に関する意見の不一致があったということです。
そもそもヒトラーは、モスクワ攻撃に慎重な立場をとっていたことをリデル・ハートは紹介しています。
「ヒトラーは、レニングラードを主目標として、これを奪取し、それによってドイツのバルト海側の翼側を安全にするとともにフィンランドと手を握り、モスクワの重要性については低く評価する傾向にあった。しかし、彼はまた、経済的ファクター(複)に対する鋭い感覚から、ウクライナの農業的富源とドニエプル下流の工業地域とを奪取しようと欲していた。この二つの目標は非常に離れており、全く分離した二つの作戦線を必要とした」(リデル・ハート、267頁)
こうしたヒトラーの意見に対し、ブラウヒッチュは反対の立場をとっていました。
ブラウヒッチュの見解では、開戦と同時にソ連軍は首都モスクワに戦力を集中させて抵抗を図ると予測されたため、ソ連軍を確実に撃滅するには、北部のレニングラードや南部のウクライナを目指すべきではなく、一貫して中部のモスクワに向けてドイツ軍の全ての戦力を集中すべきと考えていたのです(同上)。

結局、議論はまとまらず、作戦の第一段階で国境地帯に配備されたソ連軍部隊を確実に撃滅すべきという点でヒトラーとブラウヒッチュは当面の合意に至り、事後の攻撃目標については決定を先送りにしました(同上、269頁)。

つまり、1941年6月22日にドイツ軍がソ連国境を越えた時も、ドイツ軍の主力がソ連のどこに向かおうとしているのかは、はっきりと決まっていなかったということです。

先送りにした問題が再浮上した7月

1941年6月22日から1941年12月5日までの状況推移
黄色の地域が7月までにドイツ軍が到達した地域を表している。その後、ドイツ軍は中部の部隊の一部を南部に転進させるなど、戦力運用に一貫性を欠いた。
6月にバルバロッサ作戦が始まると、ドイツ軍は国境地帯を突破することに成功し、目覚ましい戦果を上げました。
作戦の発起から6日しか経っていない6月29日の時点で、ドイツ軍の部隊がミンスク(現在ベラルーシ首都)に到達し、そこで30万名近いソ連軍の捕虜を獲得したことも、当時のドイツ軍の快進撃の結果でした(同上、269-270頁)。

しかし、7月に入ると次第にドイツ軍は兵站の問題に悩まされ始めます。北方の戦線ではバルト諸国の森林地帯で進撃の速度が失われ始め、中部の戦線ではソ連軍が頑強にドイツ軍に抵抗し、南部では広大な湿地帯で部隊間の連絡に支障が出始めました。

戦略的に考えれば、どの攻撃目標を重視するかを判断し、戦力の集中が必要な局面であり、ブラウヒッチュはやはりモスクワ攻撃を急ぐべきとの判断から中部に戦力集中を考えていました。しかし、ここでヒトラーとの意見対立が再度、表面化します。
「しかし、ヒトラーは、レニングラードとウクライナを主目標として取上げる自己の最初の構想を実行に移すべき時機が到来したと考えた。彼は、レニングラード及びウクライナの重要性のほうをモスクワよりも上位に格付けするに際しては、将軍らの間に居た彼への批判者の大部分が思ったように、レニングラード及びウクライナの経済的効果と政治的効果を考えていただけではなかった。彼は超特大の規模のカンネのような作戦を心に描いていたようである」(同上、271頁)
こうして7月19日にヒトラーは新たな命令でレニングラードとウクライナ方面に部隊を転進させ、ブラウヒッチュもこれを受け入れますが、モスクワ攻撃の必要性はその後も一貫して主張し続けます(同上、271-272頁)。

ブラウヒッチュに譲歩したヒトラー

1941年のモスクワ、ドイツ軍の攻撃に備えて、道路が封鎖されている
ヒトラーが求めたレニングラードにドイツ軍の部隊が到達するのは8月末のことですが、戦力が十分ではなく、陥落させることができませんでした(同上、273頁)。
北部の戦況に比べれば、南部のウクライナでは順調にドイツ軍は攻撃を続け、9月17日、キエフを占領することに成功し、20万名を超える捕虜を獲得しています(同上)。

この8月から9月にかけての情勢変化と関連して重要だったのは、ヒトラーがブラウヒッチュの主張する作戦方針を部分的に受け入れ始めたことです(同上、273-274頁)。
9月にはヒトラーは自らの考えを修正し、レニングラード攻囲戦とウクライナでの戦果拡張が続く中で、10月にモスクワ攻撃の必要を認めるに至ります。
しかし、これは積極的な賛成というより、ブラウヒッチュの執拗な主張に対する譲歩と呼ぶべきものであり、ヒトラーはモスクワ攻撃が成功するのか懸念を持っていたようです。
「一般に考えられていたことと反対に、ヒトラー自身は 、モスクワ占領への継続的努力を強いる原動力ではなかった。最初から彼は、モスクワを他の諸目標よりも重要性の少ないものと見なしていたし、彼はモスクワの方向に行なう遅れ走せの十月攻勢を裁可するにはしたが、それについての新たな危惧を再び抱いていた」(同上、274頁)
事実、当時のドイツ軍の戦闘力は極度に低下し、ソ連軍が守るモスクワを正面から攻め落とせるかどうか厳しい状況でした(同上)。
ブラウヒッチュ自身もこの問題を認識していましたが、それまで再三にわたりヒトラーにモスクワ攻撃を進言してきたので、今さら作戦中止を提案することに躊躇したとリデル・ハートは述べています(同上)。

むすびにかえて

その後、ドイツ軍はモスクワ攻撃に失敗し、ブラウヒッチュはすべての責任をヒトラーから押し付けられる形で罷免されました(同上、275頁)。
こうして、ソ連は存亡の危機を脱し、ドイツは短期決戦に持ち込む機会を失うことになります。

ここでは個人の責任問題に立ち入らず、リデル・ハートが指摘した敗因をまとめておくだけにしておきます。
リデル・ハートはバルバロッサ作戦の失敗が「最高指導層における意見の分裂」によるものであり、それは起こるべくして起きた災難だったと考えました(同上、275頁)。
ヒトラーとブラウヒッチュの意見対立は、国境地帯を突破した後のドイツ軍の行動を事前に規定することを妨げただけでなく、攻撃目標に関する一貫した決定を妨げたのです。
結果として、ドイツ軍の作戦はヒトラーとブラウヒッチュのどちらにとっても中途半端なものになってしまいました。

これが戦いの原則の一つ「目標の原則」に反していることは明らかです。
当時のソ連軍の健闘があったこともよく考慮しなければいけませんが、ドイツ軍のバルバロッサ作戦が終わりに近づくにつれて行き詰まりを見せたのは、その作戦計画そのものが不完全な状態だったからだと言えるでしょう。

KT

関連項目

学説紹介 リデル・ハートの戦略思想と間接アプローチの八原則
学説紹介 軍事学者クラウゼヴィッツが政治を語った理由―戦争と政治の関係を知るために―
論文紹介 いかに連合国は第二次世界大戦を戦ったのか

参考文献

Liddell Hart, B. H. 1967(1954). Strategy. Second Edition. London: Faber & Faber.(邦訳『戦略論 間接的アプローチ』森沢亀鶴訳、原書房、1986年)