最近人気の記事

2014年4月23日水曜日

文献紹介 ケネス・ウォルツの勢力均衡理論

ケネス・ウォルツ(1924-2013)は国際関係論の研究で最も重要な貢献を果たした政治学者の一人として知られています。ウォルツが残した研究業績の一つとして、勢力均衡の理論的分析があり、国際政治の安定性を勢力の分布によって説明するという理論体系の発展を促すことになりました。

今回は、勢力均衡理論に対するウォルツの貢献を『国際政治の理論』の成果を中心に紹介したいと思います。

文献情報
Waltz, Kenneth N. 1979. Theory of International Politics. Reading, Mass.: Addison-Wesley.(邦訳、河野勝、岡垣知子訳『国際政治の理論』勁草書房、2010年)

それまでの勢力均衡の考え方
ウォルツが著作を発表する前から、勢力均衡理論が国際政治を説明する上で重要な意味を持っていることは一般に知られていました。

政治学者モーゲンソーの勢力均衡理論では、現状打破を求める国家と現状維持を求める国家の対立として国際政治が展開されるというモデルが採用されていました。
さらに、対立する諸国家の相対的な能力はその地理環境や物的資源、軍事力、経済力、政治体制などの諸要因によって変化し、ある優勢な国家が他の劣勢な国家に対して現状打破を企図した軍事行動に出れば、現状維持は軍備増強や同盟強化などの手段によってそれに対抗しようとするものと考えられています。
(詳細はモーゲンソーの勢力均衡理論を参照)

このモーゲンソーの勢力均衡理論は時代や地域を問わず、さまざまな国際政治上の事例に適用可能であったのですが、どのような勢力関係であれば国際政治が安定しやすいのかを理論的に説明するという観点から不十分なところが残されていました。

国家は常にバランシングするとは限らない

このような分析から、ウォルツはモーゲンソーのように現状打破を試みる勢力に対してこれを阻止するために現状維持を目的とする諸勢力が軍備拡張、同盟強化を行うとは限らないということを明らかにしました。
「勢力均衡理論は結果的に均衡を形成するような形で国家が行動することを予想するものである。よく言われることであるが、均衡をとること、すなわちバランシングが政治行動の普遍的パターンであるならば、理論からそのような予想をしたところで大して驚くべきことではない。しかし、実際にはバランシングは普遍的なパターンではない。政治主体が相互に均衡するのか、勝ち馬に乗るかはシステムの構造による」
要するに、ウォルツはモーゲンソーのように現状打破に対して国家が常に現状維持を図るわけではなく、攻撃的な行動をとる国家に便乗するようなバンドワゴニングを図ることも合理的に考えられると指摘したのです。
「勢力均衡理論は行動と結果についての多くの期待を導く。この理論から予測されるのは勢力均衡が国家行動の目的かどうかにかかわらず、国家はバランシング行動を採るだろうということである。そしてシステムの中の均衡に向かう強い傾向を予測することも可能である。これは一旦達成された均衡が維持されることではなく、破壊されても均衡は何らかの仕方で回復されるという予測である。勢力均衡は繰り返し形成される。この理論は国際政治を競争システムとして描くので、国家が競争者としての共通の特性を示すこと、つまり国家が互いを模倣し、システムに社会化されることを、より具体的に予測できる。本性はこれらの命題を検証できるように、より個別的で具体的にする方法を示してきた」
興味深いことに、ウォルツは現状維持を目的としないバンドワゴニングもまた勢力均衡によって説明することができると考えていました。つまり、バンドワゴニングを選択する国家は、現状打破の後に改めて別の形態の勢力均衡を形成することができると期待して行動しているということです。

想定に基づくバンドワゴニングの説明
ある潜在的大国Aが現状打破によって自国の周辺地域に対して覇権的地位を獲得するため、攻撃的な意図を持って軍備拡張を続けているとします。
既存の大国Bは現状維持のために軍備拡張のため同盟国と連携して防衛体制を強化しようとしますが、この際に同盟国が潜在的大国Aに味方してしまった場合、これは何を期待した行動だと考えられるのでしょうか。

ウォルツによれば、国家は一時的に均衡が失われたとしても、それを自国にとって有利な形で回復することができるという期待を持つことがあり、そのため大国Bのバランシングに同調せず、バンドワゴニングを選択するのです。
このような期待は、潜在的大国Aの国力に対して大国Bが相対的に劣位であり、両国が争うことになった際に勝利するのは大国Aであるという予測によって形成されることになります。

勢力均衡理論においてバランシングだけではなくバンドワゴニングも想定することが重要だと指摘したウォルツの研究ですが、この成果はさまざまな時代や地域の国家の対外行動を説明する上で参考にされたのです。

KT